2008年6月10日 
トム・モーガン様

 皆様お元気ですか。メールでご連絡してからしばらく経ちますが、良いニュースがあります。

 アル&ヒュー・ベリンジャーから経営権を譲り受けてすぐ、私はこう考えました。バンブーロッド・メイキングの世界における、この兄弟の功績を、どうにかして称えることはできないだろうか。ご存じの通り、竹竿の世界で私たちがやっていることは、お金への愛に立脚するものではありません。もちろんお金は大事な考慮点ですが、他にもあるはずです。アルとヒューが、退職後の25年ほどを、バンブーロッド・メイキングに注いだ動機とは? お金ではなかったと思います。では何だったのでしょう? それこそ、賞賛に値することだと思うのです。

 それは情熱だという人もいます。私も、間違ってはいないと思います。しかし、それだけではありません。すなわち、質と正直さを求めた情熱なのです。その3つの組み合わせこそ、時代が変わっても決して価値を失わないもの。アルとヒュー・ベリンジャーが備えていたものでした。

 この兄弟の功績を称えるため、A. P. ベリンジャー賞が設立されました。受賞者は、バンブーロッドのメーカーたちが選びます。受賞者は、時代が変わっても決して価値を失わない、情熱と質と正直さを備えた人です。この賞により、その人たちと人格に脚光が当たり、バンブーロッド・メイキングという仕事の持続に貢献できればと考えます。

 第1回の受賞者は、もちろんアル&ヒュー・ベリンジャーでした。工房においてちょっとしたセレモニーを行い、彼らに楯が授与されました。翌年の受賞者はダリル・ホワイトヘッド。さらに第3回のベリンジャー賞は、オレゴンのロッドメイキング・コミュニティの推薦により、A. J. スレーマーに与えられました。授賞式はメトリウス・バンブーロッド・フェアの前夜に行われた、ロッドメーカーズ・ディナーで行いました。

 そして今回、トム・モーガンおよびトム・モーガン・ロッドスミスが、第4回A. P. ベリンジャー賞の受賞者に選ばれたことをお知らせいたします。

 おめでとうございます。あなたにこの賞をお渡しすることができ、たいへん誇りに思っています。楯の授与に関しては、また後から詳細にお打ち合わせをいたしましょう。

敬具
チェト・クロコ
ベリンジャー社


 この賞を受け、たいへん栄誉に思っています。ロッドメイキング・ビジネスにたずさわって長いのですが、私の変わらぬ目標とは、それを広めることでした。ウインストンの工房はつねにオープンで、私たちが持っていた知識は広く共有されました。以来、私やウインストンのパートナーだった人たちがクリニックや会合で、他の人たちにそれを伝えてくれています。そして今も、私とビル・ブラックバーンは、ロッドスミスの工房を訪れる人には、ノウハウをお教えしています。いっさい秘密はありません。

 バンブーロッドを使った釣りに対する興味が再燃し、またアマチュアとプロのロッドメーカーたちが増えてきていることは、たいへん喜ばしいと思います。実際のところ、現在ロッドメーカーの数はかつてないほどであり、ロッドの質も高くなっています。モーガン・ハンドミルは、ロッドメイキングの習得を簡単にしたという点で、この隆盛に貢献したと思いますが、それもまた嬉しいことです。

 チェト・クロコ氏が、この楽しいスポーツに貢献した人を顕彰する賞を立ち上げたことはすばらしいと思います。その受賞者となれるのは、望外の喜びです。

トム・モーガン

Questions? Contact us:
21505 Norris Road
Manhattan, MT 59741

Logo

Phone: 406.282.7110
Fax: 406.282.7167
tommorganrodsmiths@gmail.com
rodsmiths@imt.net



Company
Toms Design
Bamboo
Graphite
Graphite
Graphite
Graphite
Graphite
hand mill
Prices
Order
Order
Order
Order
Order
Order
Order
Links
 Japanese